札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

コラム

 

弁護士同士の呼び方は、ちょっと疑問かな?

2014年10月28日
弁護士  太田 賢二   プロフィール

 以前に、夫婦間の呼び方をコラムに書いたのだが、今度は弁護士間のお話。

 


 医者同士もそうらしいが、弁護士も、多くは「・・・先生」と呼ぶことが多い。
 でも僕は、正直違和感がある。
 誰も先生と呼ばれるほど偉くないじゃん!
 それで僕は、年下や期の若い人に対してはできるだけ、「・・・さん」と呼ぶようにしている。
 それで全部統一できればいいのだが、現実はなかなか微妙。
 「・・・さん」でいくべきだと、それなりに実行されてる弁護士もごく少数いるのだが、内輪からみるとあんまし格好良くないなあ。何故なんだろう?

 

 

 あるとき事務所の同僚である川島さんに、「僕のことは、『太田さん』と呼んで欲しい。」とお願いしたら、速攻『無理です』と言われてしまった。
 なので僕は、無理強いはしない。でも、できるだけ面と向かっては、「・・・先生」とは言わないようにしている。

 たとえば、同僚である田中弁護士に対しては、「田中さん」を基本に、「貴ちゃん」「田中」というあたりが普通。僕自身がもともと体育会系なので、呼び捨てにはあまり違和感がない、というか、親密になったからこそ、呼び捨てにしてしまう。

 今のおおぞらのメンバーでいうと、未だに呼び捨てにできないのは、山田さんと大野さんくらいかなあ。ああ、決して女性であることを意識しているわけではありません。

 そういう僕は、同期より年寄りには「けんちゃん」と呼ばれることが多い。たくさん「けんちゃん」がいる中でそう呼ばれるのは、とっても光栄。

 

 

 ちなみに、面と向かっての言い方には、「貴ちゃん」のほかに、ジュンちゃん、ショウちゃん、ハマちゃん、トシちゃん、なんていうのがある。一応みなさん僕の先輩ではありますが。
 面と向かわない場面では、もっと広がって、セイちゃん、ノダちゃん、エイちゃん、テッチャン等々。それらはみんな親しさと尊敬の気持ちが入っている。50というか、ほぼ60歳以上のおじさん面々が、「ちゃんづけ」で呼び合うのは、外からみたら変かもしれないね。


 

 

 

 

 

 

コラムトップへ戻る 筆者の一覧へ戻る

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ページの先頭へ