札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

お知らせ

  • トップ
  • お知らせ
  • 憲法フェスティバル2014「今こそ、『集団的自衛権』を考えよう!〜憲法と外交と国際情勢から〜」のお知らせ
 

憲法フェスティバル2014「今こそ、『集団的自衛権』を考えよう!〜憲法と外交と国際情勢から〜」のお知らせ

2014年04月01日

 2014年2月5日,安倍首相は,参議院予算委員会において,集団的自衛権の行使について「政府が適切な形で新しい解釈を明らかにすることによって可能だ」と発言し,憲法9条の解釈の変更によって集団的自衛権の行使を容認する姿勢をあらためて明らかにしました。


 このような解釈変更は,憲法改正手続を経ない実質的な改憲にほかなりません。また,本来憲法の規制を受ける側である内閣の判断のみによって憲法上の規制が変更されることからすれば,立憲主義,民主主義の大原則に真っ向から反するものです。


 また,同時に,この解釈変更は,日本の外交上の立場にも大きな変動をもたらすと思われます。
 

 憲法は,国家の根本規範です。時の政権によって,その解釈が容易に変更されるならば,私たちの生活にも大きな影響を及ぼすことは明らかです。


 そこで,本集会では,国際情勢や外交に詳しい,清末愛砂准教授,猿田佐世弁護士をお招きし,現在の日本を巡る国際情勢,集団的自衛権や戦争被害の実態,憲法9条の解釈変更による国内外への影響についてお話をいただきます。

 

 憲法フェスティバルは,札幌おおぞら法律事務所の弁護士が加入している青年法律家協会北海道支部という団体が,毎年開催している恒例行事です。


 今回の集会を通じて,憲法の原点を学びつつ,今後の国政選挙においてどのように行動すべきかをみなさんと一緒に考えて行きたいと思います。


 実りある集会にしたいと思っておりますので,是非,お誘いあわせのうえ,会場にお越しいただきたくお願い致します。

 

 

 

  ≪日 時≫ 平成25年4月26日(土)午後1時 
          (開場 午後0時30分)

 

  ≪場 所≫ 北海道クリスチャンセンター(札幌市北区北7条西6丁目)

 

  ≪資料代≫ 500円

 

  ≪講 師≫ ・清末 愛砂
           (室蘭工業大学准教授)
          ・猿田 佐世
           (弁護士、「新外交イニシアティブ」事務局長)

 

  ≪内 容≫  第1部 講師基調講演
           第2部 パネルディスカッション

 

  主  催 : 青年法律家協会北海道支部

 

  連絡先 : 札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階
          札幌おおぞら法律事務所       
          弁護士 齊藤 佑揮
          TEL  011−261−5715

 

 

  ※詳しくはこちらの 『 チラシ 』 をご覧ください。

 

 

 

 

 

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ページの先頭へ