札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

お知らせ

  • トップ
  • お知らせ
  • 「いま、私たちの「知る権利」が危ない!−軍事・外交情報とジャーナリズムの役割−」のご案内(札幌弁護士会)
 

「いま、私たちの「知る権利」が危ない!−軍事・外交情報とジャーナリズムの役割−」のご案内(札幌弁護士会)

2009年10月19日

 これまで、自衛隊の海外活動の詳細は、国会や国民にはほとんど明らかにされませんでした。また、日米間の核持込みを認める密約が取り沙汰されていながら、政府は一貫してその存在を否定し続けてきました。

 

 主権者である私たちは軍事・外交に関する情報をどれだけ知っているのでしょうか?

 

 報道の問題を問い続けてきた3人のご講演とパネルディスカッションを通じ、実態と問題点を明らかにして、ご一緒に考えたいと思います。


 

  日  時 : 2009年10月23日(金)
         午後6時〜8時45分(開場午後5時30分)

  場  所 : ロイトン札幌2階リージェントホール
         札幌市中央区北1条西11丁目  TEL011-271-2711
  参加費 : 無 料
  申込み : 不 要
 

  主  催 : 札幌弁護士会
  共  催 : 北海道弁護士会連合会、日本弁護士連合会
  お問い合せ : 札幌弁護士会  TEL011-281-2428

 

 

講師プロフィール
 

 服部 孝章 氏
   1950年北海道函館市に生まれ、道内で育つ。上智大学大学院修了。立教大学社会学部教授。

  専攻はメディア法、マスコミ論など。放送番組の適正化・質の向上を図る放送倫理検証委員会

  (BPO)委員。自衛隊イラク派遣の際には、防衛省とマスコミの関係を厳しく批判。著書として、

  『現代メディアと法』(共編著、三省堂)、『21世紀のマスコミ』(編著、大月書店)等。

 

 斉藤 光政 氏
   1959年岩手県盛岡市に生まれ、青森県で育つ。成城大学卒業。東奥日報社に入社し、現在、

  同編集局社会部付編集委員。三沢など在日米軍基地の核問題の真相に迫った連載などで、

  第6回平和・協同ジャーナリスト基金賞、新聞労連ジャーナリスト大賞等を受賞。著書は『在日

  米軍最前線』(新人物往来社)他。

 

 三浦 辰治 氏
   1964年東京都台東区に生まれ、育つ。立教大学卒業。1989年北海道新聞社に入社し、道不正

  経理問題などを取材した後、2004年から東京支社勤務。2007年7月からワシントン支局で米大統

  領選、米経済危機などを取材。今年7月より報道本部編集委員。2006年には、テレビ、報道等の

  優秀番組を表彰するギャラクシー賞の選奨委員を務める。

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ページの先頭へ