札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

コラム

 

医療事件に力を入れている理由

2014年06月27日
弁護士  川島 英雄   プロフィール

 私は医療事故の相談に力を入れています。

 その理由は、一言で言ってしまえば「好きだから」ということになります。
 
 高校の頃から、数学はあまり好きではないのに、なぜか物理や化学、生物といった理科系の科目がとても好きでした。結局その後は文系の道に進みましたが、特に生物に関しては理系の人と同じくらいの受験勉強をしたと思っています。ですから、その頃の基礎的な知識は今でも身についています。
 このように、基礎的な知識を持っているという前提があり、さらに今でも「好き」なので、医学的なことを検討することには苦もなく時間をかけられます。ですから、医療事故の相談が来たときにも「嫌だ」「苦手だ」と思わずに相談に臨むことができます。

 人間、やはり嫌いなものより好きなものの方が集中できるでしょう。また、嫌いなものより好きなものの方が、能力も発揮できるのではないかと思います。そういう意味では、「好き」だということも、弁護士の得意分野を見分ける一つの指標になるのではないかと思います。

 私も、元医師である弁護士などと比較すれば知識は足元にも及ばないと思います。
 ですが、それでも先に述べたような高校時代に培った基礎知識と「好きだから」という意欲があります。ですから、少なくとも基礎知識をあまり持っていなかったり、あるいはこの分野にあまり強い関心がなかったりする大半の弁護士に比べれば、専門家と呼ばれてもよいのかもしれないなと最近は感じつつあるところです。
 
 医療事故についての相談をしたいと思った時には、相談を申し込む相手として選択肢に入れてもらえれば幸いです。
 
 
 
 
 
 
 

コラムトップへ戻る 筆者の一覧へ戻る

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ページの先頭へ